脳を鍛え頭がよくなる運動

脳みそを鍛える為に色々な方法を試す方達がいると思います。ある人は脳トレゲームを試したり、またある人は、本を読んで見たりして日頃から意識をして頭がよくなろうと頑張ってると思います。

しかし、その方法って本当に脳に効いてるの?ここでは、自己流ではありますが、自分が試してる脳に効果的なトレーニング方法をご紹介していきます。

人間も含め動物の脳みそは、すごく大きな可能性を秘めていると言われてます。その脳みそを100%生かせるように鍛えるには、色々な刺激が必要だと思います。

目や鼻、口や手足。体全体を使い脳に刺激を与え、最大限の力が出せる脳を作りましょう。まず手始めに時間を掛けずに脳を鍛える方法をご紹介します。

この内容を読み理解して気に入ってくれたら幸いです。そして、この内容を読んだ後に実践して気に入って頂けましたら、他の脳トレ方法も実践してみて下さい。

自己流では御座いますが、自分なりには効果が出て頭の回転が速くなったような気がしてます。それでは、はじめ項目は、脳みそのウォーミングアップを行うための方法です。

目を閉じて静かな場所で「掛け算九九」をしてみましょう。そんなの簡単だよと言う人ほど、「7の段」の計算が上手く行かなくなると思います。

単純計算だけど、今やると意外と難しく感じると思います。それでははじめてみて下さい。1の段から9の段まで、声に出して脳を動かしてみましょう。

どの位ですべての計算を終えることが出来たか、時間を計っておくのもいいかもしれません。大体、すべての計算が出来、間違えずに言えるタイムは3分~5分です。

これ以上掛かる場合は、脳が衰えてる証拠なので、空いてる時間を見つけては、頭の中で掛け算九九をするようにしましょう。通勤時間や寝る前に掛け算九九をして常にウォーミングアップをしましょう。

自分もこの脳トレを始める前は、掛け算九九くらい言えるし答えられると思っていたけど、実際にやってみると残念な結果。脳の衰えを体感しこのままではヤバいと思うようになりました。

色々な物を試したけど、やっぱり自分で考えたトレーニング方法の方が効率よくトレーニング出来ていると思いました。掛け算九九の問題をクリアー出来た方は、その他のトレーニング法も実践してみて下さい。

3分~5分以内に掛け算九九を言えない方は、それが出来るようになるまで日々トレーニングしてから次に進むようにして下さい。

ウォーミングアップを終えてないにも関わらず次に進んでしまうと、脳が可笑しくなるかもしれないからです。脳が故障したら困るでしょ?だからちゃんと順序良く試してみましょう。インチキしたら駄目だよ。